ピタについて

スポンサードリンク

ギリシャの町を歩いていると、平べったいやや厚めのクレープのようなものに、ギロ(お肉の塊と塩と胡椒のシンプルな味付けでグリルし、薄く削ぎ切りにしたもの。

トルコのケバブに似ています)や、スブラキ(魚やお肉・・・牛、鶏、豚、マトンなどさまざま・・・を金串に刺して串焼きにしたもの)をはさんで食べている人をよく見かけます。

この、ボリュームがありそうなクレープ状のパンをピタ、またはピタパンといいます。

直径20センチくらいの平たい円形のパンです。

小麦粉に水と塩、砂糖、イーストを加えて、1時間ほど発酵させ、高温のオーブンで一気に焼き上げたものです。

真ん中がプクンと膨れて空洞になっていることから、ポケットパン(英名)で呼ばれることもあります。

どことなく、地中海沿岸や中東、北アフリカで、それぞれ微妙に形を変え、名前を変えて広く親しまれているものです。

ナンに似ているような、エジプトのアエーシに似ているような・・・サクサクとしたその歯ざわりは何にでも合うことから、中にいろいろな具を挟んで食べたり、ちぎってさまざまなソースをすくって食べたりします。

フムスという、ひよこ豆のペーストをつけて食べるととても美味しいですよ。

イタリアのピザの起源とも言われています。

ギロを挟んだものを「ギロ・ピタ」といいます。

チーズとハムを挟んだパイのようなものを「ティロ・ピタ」、さらにほうれん草がぎっしりと詰まった薄味のパイを「スパナコ・ピタ」といいます。

その他、いわしや羊の肉を挟んでもらうこともあります。

玉ねぎ、レタス、トマト・・・それにヨーグルトソースも入れると、栄養満点です。

店先で、ショーウィンドウを指差せば、店員さんがぽんぽんと手早く挟んでくれますので、是非、いろいろな味を楽しんでください。

ちなみに、ギリシャのマクドナルドでは定番のメニューの他に、「グリークマック」と呼ばれるものがあります。

ピタに香草入りのパティが2枚、それにレタスとトマトが挟んであります。


スポンサードリンク