フェタについて

スポンサードリンク

フェタは、ギリシャの真っ白な山羊や羊の乳で作ったチーズです。

フェタチーズとも呼ばれます。

こってりとして酸味があり、ギリシャ特有のチーズです。

ギリシャのどこの町、村にもある、食堂「タベルナ」では、フェタだけを注文するより、グリークサラダとして食べると季節の野菜といっしょに味あえます。

グリーサラダ、またはホリアティキサラタ、すなわちギリシャ風サラダとは、季節の生野菜にオリーブ(実)とフェタチーズがのったサラダです。

サラダの他、サガナキといって、チーズを揚げた料理もあります。

ちょっとおしゃれタベルナでは、お客さんに出す前に、ブランデーを一振りし、火をつけてもってくる、という演出を楽しめます。

フェタは食塩水につけて保存することから、さほど醗酵が進んでいません。

適度な塩味が食欲を楽しめます。

オードブルとしてもサラダとしてもまた、他の材料としても食べられるフェタですが、これまでフェタと呼ばれるチーズは、ギリシャ以外もありました。

ドイツ産やデンマーク産のものです。

しかし現在では、フェタと言う名称をギリシャ産のもののみに限定して用いています。

フェタのほか、ギリシャの乳製品としてはヨーグルトもよく食べられます。

たとえば、「サジキ」またはツァジキと呼ばれるヨーグルトソースです。

生のヨーグルトに細かく切ったキュウリが基本の材料。

それにすりおろしたガーリックと塩で味付けします。

家庭では、オリーブ・オイルを加え、それぞれの味を出しています。

肉料理のスブラキやピタパンにつけて食べると口の中がさっぱりします。


スポンサードリンク