デルフィの神託とオイディプス伝説

スポンサードリンク

テーベ(テーバイ)を抜け、デルフィにいたる自動車道は山道を縫うように進んでいきます。

そのはるか下、静寂に包まれた谷底に三筋が交差するがにあります。

ここが、オイディプスが父ライオスを殺害した伝説の「三叉路」です。

今もどことなく妖艶な雰囲気が漂うこの地にまつわる伝説、「オイディプス」伝説とは、どのようなものなのでしょうか。

テーベの王ライオスは、デルフィの神託により、「わが子に殺される」と警告されていました。

そのため彼は、生まれたわが子の両脚に釘を打ち、キタイロン山中に捨てさせたのです。

彼は、羊飼いに拾われ、コリントスの王のもとで育てられました。

彼の両足は釘を打たれた傷で腫れ上がっていました。

そのため彼は「オイディプス」つまり、「腫れた足」と呼ばれることになったのです。

成長したオイディプスは自分の出生の謎を知ろうと、デルフィを訪れました。

そのときに下された神託が「父を殺し母と交わる」というものだったのです。

彼はショックを胸にデルフィをあとにしました。

ところがその道中で、デルフィに向かう老人と口論になり、その老人を殺してしまったのです。

その老人こそが、彼の父ライオスでした。

しかしオイディプスはそれを知りませんでした。

当時、テーベでは、怪物のスフィンクスに悩まされていました。

怪物は旅人に謎をかけ、それに答えられないと旅人を殺してしまったのです。

この怪物の謎を解き、テーベを救ったのが、そこを通りかかったオイディプスです。

彼はテーベの王として迎えられ、王妃イオカステと結婚します。

しかし、彼女こそ、オイディプスの実の母親だったのです。

つまり、デルフィの神託「父を殺し母と交わる」は真実となってしまったのです。

母と息子は交わり、子が生まれました。

しかしその後、母イオカステは羊飼いの証言で真実を知り自殺しました。

またオイディプスは自ら両目をえぐり、盲目となったのです。

山の斜面にへばりつくような町、デルフィを訪れたら、そんな伝説をふっと思い出してみてください。


スポンサードリンク