シエスタについて

スポンサードリンク

ギリシャの夏の暑さは、半端ではありません。

この灼熱の夏の太陽のもと、アテネの町をうろうろしているのは・・・観光客ばかり! しかもギリシャの町は夏には14時を過ぎると店は閉まってしまう。

冬でも、15時には終わりです。

ギリシャでは、官庁の仕事は、夏には7時始業〜14時終業。

冬は7時半始業、15時終業です。

ハイシーズンの商店とて例外ではありません。

曜日によっても違いますが、だいたい9時から15時までの日と、9時から14時までが一般的。

なかには、一度、お店を閉めてしまってから、また夕方、17時30分頃から20時までやっているところもあります。

地元の人たちは昼間、いったいどこへ消えてしまうのでしょう?

このお休みタイムに、地元の人たちは自宅に戻り、ゆっくりと昼食をとって、あとはお昼寝をします。

このお昼寝が「シエスタ」です。

比較的朝が早く、夜遅くまでナイトライフを楽しむことをモットーとする彼らにとって、シエスタの習慣は、夜のための大切なスタミナ源です。

この時間帯に急ぎでもないのに電話をかけたら、ヒンシュクを買ってしまいます! 

限られた日程で忙しく見学や買い物をしたい・・・その気持ちもわかります。

でも、お店も閉まっていることですし・・・地元の人たちにならってゆっくりとカフェでお茶でも楽しんでみてはどうでしょう? 

アテネのカフェはちょっと値が張りますが、美味しいファーストフードのお店もたくさんあります。

シンタグマ広場やオモニア広場でスブラキ(串焼き)やギロ(肉の塊をその場でそいでくれます)をピタ(厚めのクレープのようなパン)に挟んでもらい、ゆっくりと街角ウォッチングをしてみてはどうでしょう。


スポンサードリンク