ギリシャワインについて

スポンサードリンク

ワインといえば? ボージョレヌーボーなど、フランスを思い浮かべる方が多いかもしれません。

しかし・・・ヨーロッパで最初にワインが作られたおは、ギリシャだということをご存知でした? 地中海に浮かぶ島、クレタ島では、紀元前3000年頃からすでにワイン造りが盛んだったというから驚きですよね

昔、ブドウの収穫とワインの仕込みは、足腰が立たなくなるほどの重労働だったそうです。

仕込みの時期になると、毎日ブドウ踏みに追われていたようです。

そのため仕込みがすべて完了したときには、お祝いにお祭りが開かれました。

酒の神、ディオニソス(バッカス)に感謝するお祭りです。

歌って、踊って、お互いの労をねぎらったのです。

当時から随分と年月を経た今でも、各地でワイン祭りがおこなわれています。

ディオニソスは、ギリシャ神話にも登場するワインの神様で、ヨーロッパ芸術全体にも大きな影響を与えています。

ワイン造りの初期の頃のワインは、アルコール濃度が高く、人びとは水割りにして飲んでいたと伝えられています。

またすでに防腐剤の利用や砂糖の添加という技術も知っており、ワインの輸出や運搬も行われていたといいます。

輸出はワインの製品だけに留まらず、ブドウの栽培法や醸造法にまで及んだといいます。

こうしてローマ時代にギリシャからドイツ、フランス、スペインへとワイン造りが広まっていったのです。

ワイナリーツアーというものも行われています。

夏のワイン・フェスティバルに訪れるのも楽しいでしょう。

ワイナリーを訪れる方は、予め予約を入れておかれることをお勧めします。


スポンサードリンク